自分を変えたいと思ったら。

先日、こういった質問をいただきました。

この質問は、私が以前も今も、たぶんこれからも
自分と向き合っていくコトでもあり、これを読んでいるあなたも同じ。
なので一部分を紹介しますね。

———————————————

田中さんのブログを読んで自分もそうなるために、
まず自分を変えようと思ったのですが、具体的にどう変えればいいのか?
が、いまいちピンときません。
また、意志も弱いので長続きするのか不安に思うこともあります。

自分を変える方法ってあるのですか?
———————————————-

そもそも人間って意志が弱い面は誰でももっていると思うのです。
私もその一人です。

 

自分を変えるといっても、今の自分を全否定するのではなくて

自分が成長していくために、
今の自分にプラスしていくということです。

 

そのうえで、
その弱い意志を強くするためにはどうすれば?
ですね。

 

まず、私が少し前に

大切にしてきた事、大切にしている事を音声にしてみました
の中でお話しした、目標や夢の立て方の見直し、
取り組む姿勢の準備が先に必要です。

それが整ったら、

①時間配分を変えていく。
②付き合う人を変えていく。
③ときに住む環境を変えることも。

 

1つ目の時間配分ですが、1日は24時間です。
そのうちの何時間を「自分を変えたい時間」にあてますか?
たとえば3時間なら、その3時間はどの時間帯にしますか?

 

21時~0時までの3時間
朝の10時から1時間・昼の14時から1時間・夜の22時から1時間
早朝5時から1時間・夕方5時から2時間

というように、時間を確保して「行動」に移します。

 

2つ目の付き合う人を変えるというのは、
今現在まで、付き合っている友人や家族と距離をおく、ということではなく
自分にとって必要な良い影響を与えてくれる人、刺激を与えてくれる人と
過ごせる時間を、増やしていくということです。

 

なぜなら、人間は一緒にいる人の影響をとても受けやすいから。

(例外として、友人や知人、家族が自分によくない影響を与える場合は
距離の取り方を考えたほうが良い場合も)

 

逆に、必要な良い影響を与えてくれる友人知人がすでにいるなら、
もっとかかわるべきで、家族でも同じことが言えます。

一緒にいることで、どういうやり方をしていけばよいのか、
見えてくるもの、得られるものが沢山あるはずです。

 

3つ目の、ときに住む環境を変えるとは、住む場所を変えることです。

それは関係ないでしょうと思いそうですが、
実はこの3つの方法は大前研一という方の名言の1つにあり
私はこの方法を意識してはいませんでしたが、当てはめると3つともクリアしていました。

 

”住む場所を変える意図は、自分の意思を弱くさせる影響のあるものに距離を置くコトにあり”

 

振り返ると私は、どうしてもやりたいことがあって、両親の反対を押し切って
東京に上京しましたし、

今は大阪ですが、引っ越しは7回しました。
(勘違いして欲しくないのは大事なのは引っ越しの回数ではありません)

市内の小さな引っ越しよりも、
都道府県や国を越える、住む場所を変える効果はすごいのかも?!

 

本当の意味でゼロからのスタートがしやすい環境が整っていて
自分のキャラ設定をし直すことも可能です。

知らない人ばかりで、人の目は気にならないし
すっぴんで外出もよくあります。(実家ではありえない)
知人も友達も1から作っていくわけですから。

 

環境から受ける影響が多いのは確かでした。
自分の意思を弱くさせる環境はときに存在します。

住む場所は簡単に変えられる人・変えられない人で状況によるでしょう。

 

自分の意思を弱くさせる環境の中から抜けれないのなら
たとえば、勉強をしている人が多いカフェや図書館、セミナーや勉強会に行くなど
自分に良い影響を与えるものに近づく行動を起こし続けることで
強い意志を持続しやすくなるとは思います。

 

そしていつか、ふと振り返ると、
「どうせ私なんか」「どうせオレなんか」と言っていた自分が、
「こんな私でも」「こんなオレでも」と思える新しい自分と出会っているでしょう。

こんな私でも(←笑)そう思えるようになったのですから、あなたも大丈夫^^

大切な事は・・・行動を起こす! でしょっ!!

《 関連記事 》

銀行を辞めた理由
アメリカの富豪起業家に質問された言葉。
わたしの時間節約法
メンターの重要性
新しいことを始めるには、大きなエネルギーがいる。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ