物販アフィリエイトPPC広告で稼ぐ成約率について

今日は、市川さんとの定例ミーティングの日でした。
新しいビジネスアイデアを提案されて、頭の中がパニック&真っ白に・・

何かを新しく始めるときは誰もが通る道。
なので、いっぱい脳に汗をかこうと思います。

 

さて、今日は連日頂いている質問の中で、
ちょっと深い話になりますが、シェアしてみたいと思います。

 

>稼がれていらっしゃる方々は成約率が高いのではないかと推測しており
>成約率を上げる手法を確立されているのではないですか?

物販でPPCアフィリエイトをする場合に限定しての話ですが、

”成約率を上げる”という行為は、
アフィリエイターレベルでは、けっこう難しい事だったりします。

 

と言うのは、
お買い物をする側は、アフィリエイターのページではなく、
本サイトのページを観て判断します。

 

もちろん、SEOサイトを作成する場合は、
自分でお試しセットを購入し、レビューしてみたりする事で、

多少の購買意欲を高める事は出来るし、
文章の工夫の仕方をしたところで成約率があがるかもしれませんが、
それの効果は微々たるものです。

 

リスティング広告を使用する場合は、それすら難しいですよね。

書きすぎれば過ぎたで、
薬事法だなんだ制限を付けられて広告掲載が出来ない事もあります。

 

なので、アフィリエイターレベルで、
商品の成約率を上げる行為というのは、
それなりに難しい行為である事をまずは認識しましょう。

※出来ない事ではないですが・・・
単純にリスティングを使用したペラページでは・・・という意味です。

 

(まれに、比較されることもあるかと思い、実験したこともありますが、
時間をかけるだけの効果がありませんでした)

 

では稼げている人達が、どういう視点でいるか?

 

ですが、

基本的に、均して物事を考えていません。
間を取って。という考え方をあまりしません。

 

商品1つ1つで、特性も、数値も成約率も変わってきます。

なので、商品名オンリーで広告をかければ赤字になる商品もあれば、
商品名のみで黒字展開が出来る商品もあります。

 

それらを考えていくと、”1つ1つの商品と向き合い”ながら、
その商品に対して、どういう対応を取って行くか?
で物事を判断しています。

 

商品名・企業名で行くと赤字になる商品があれば、
それ以外の言葉で行けばアクセスが集まり、
且つ、黒字化出来るキーワードのプログラムも存在する訳です。

 

複合キーワード、部分一致、フレーズ一致。完全一致・・

 

プログラムによって、使う手段も異なってくれば、
管理の方法も変わってくる。という事です。

 

もちろん、これに関しては、プログラム別に答えも様々です。
なので、テストを繰り返しながら、
自分なりの答えを導きだしていく事が重要になります。

 

商品名のみで黒字化が出来るプログラムはそのままにしておいて、
費用対効果の悪いモノに対しては、キーワードの選定を変える。
などなど、
工夫をしていく必要があるでしょうね。

 

買い手がどういうキーワードで商品にアクセスするか?などは、
部分一致・フレーズ一致を使用すると、ある程度数字で解ってきます。

 

その中で、経費のかかり過ぎたりするモノは、
意図的に制限し、経費はそこまでかからない。

 

でも、アクセスは集まる。
というキーワードの成約率を基準として、
出稿継続か?停止か?を判断したりします。

 

“成約率を高めるのではなく、費用対効果の方を高める工夫をしていく”

 

と言った方が正確かもしれませんね。

大切な事は  ・・・・ 費用対効果を意識する。だねっ!

《 アフィリエイト関連記事 》

アフィリエイトで売れる商品の見つけ方
アフィリエイト商品の選び方
昨日に続く、アフィリエイト商品の選び方
ppcで売れるキーワードの探し方
アフィリエイトを独学でするのは難しい

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ