日本の税金を納得して納めるには。。

今日は、ちょっと硬い話をしてみたいと思います。
(あくまでも、私一個人の考えです)

 

起業して稼ぐようになると
当たり前ですが、「支払う税金」も増えていきますね。

健康保険料も高くなったし、
所得税も最大45%に引き上げられ、

そのほかにも払うべき税金もあって、
消費税はもうすぐ8%、のちに10%ですよね。

 

考えただけで息苦しくなるときが・・

 

海外移住した富裕層が帰国中

この記事の富裕層が海外に移住した気持ちもわかりますし
帰国したくなった気持ちもわかります。

 

というのは、

一度は海外移住というものを検討してみたんですよ。

なので、
シンガポールやマレーシアにビジネスを絡めた旅行をしながら
移住目線での現地調査もしていたのです。

 

フランスに旅行したときも、一応、移住目線を意識していました。
観光目線とは、目に写るものが全然ちがってくるんです。

 

日本にない<海外の魅力的な部分

日本の魅力的な部分>海外にない

 

上が多い人は、海外移住が向いていて
下が多い人は、日本が向いているのかも

 

自分の足で、土地を歩いてみて、
日本ってすごいんだなと、改めて思うことがたくさんあって
現時点で一番肌に合うのは、私達は日本だなと思いました。

 

とはいえ、
お恥ずかしながら日本以外、まだ5か国しか行っていないので、
視野が狭いのは確かです。

(この先、一目惚れする国に出会ったらわかりません)

 

何が言いたいのかというと
こうやって、日本という国を出て、外から客観的に日本をみてみると
日本のすごいところ、良いところが沢山見えてきます。

 

そうすると、
気づいたら不思議と息苦しさがとれていて、
納得して税金を納められるようになりました。

 

ですので、
税金に限らず、日本での生活に息苦しくなったら、
ちょっとだけ国を出て、外から眺めてみることおススメします。

 

大切なことは・・・世界を知るコト!だねっ!!

《 税金の関連記事 》

確定申告が終わりました。
経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済制度)は節税策になるのかな?
小規模企業共済は節税策になるのかな?
個人事業主から法人化のタイミング
消費税課税方式の選択。
年末調整と源泉徴収の書き方が・・・

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ