広告管理の仕方をシェアします

今日は、私が毎日広告を管理している方法をシェアしようと思います。

 

広告をバンバン出して、

売れる商品をみつけることも大切ですが、

広告を管理することも大切だと思っています。

 

そのためにも解析ツールを使うことは必須ですが。

解析ツールを使っていない人がいるなら、まず解析ツールを貼ってくださいね。

 

そして毎日、各ASPで何が売れたのかをチェックすると思うのですが、

その時に、解析ツールで、「どんなキーワードで売れたのか」をみます。

 

私の場合は目視だけで売れたキーワードを暗記したり、

ものによってはエクセルやメモ帳を使って、

CIMG2046

売れたキーワード、売れた商品名と金額などを書き残しています。

 

解析でキーワードを見ることに慣れると

売れるキーワードを発見して

さらに絞り込むことができ

独占キーワードをみつけることができるので、独占で稼ぐこともできます。

 

逆に、売れないキーワードも発見することができ

それについてはすぐ!

禁止キーワードとして完全一致・フレーズ一致で表示されないよう設定します。

 

また、売れなかった商品名を書き残したりもしています。

(過去に売れなかったものを、忘れて掲載しないためです)

 

売れた商品は、常に売れたキーワードを再検索し、

どの順位で売れたのかも把握しています。

 

商品によっては1位じゃないと売れにくいものもあるし、

1位だと売れにくいものもあったりします。

 

もっと順位が下のほうが売れることもあるので、

その感覚は自分で読み取るしかないかな。

 

そして広告費の微調整もしたりします。

 

ほかにASPから終了案件のご案内は必ずチェックしています。

○○案件は○月×日より終了~

という予告がきますよね。

 

自分が該当する広告の告知だったら、

付箋に記入し、パソコンの角に張り付けています。

終わったら捨てるみたいな。

 

終了案件を出しっぱなしにするのは、広告費の垂れ流しですから、

避けたい部分ですし。

 

ほかには、新しく広告を出したときは30クリックを目安に

広告を出し続けるか、止めるかの判断にしています。

 

ある人は20クリックで判断する人もいるようですが、

私はもうちょっと様子みたいので。

 

新しく広告を出すたびに、ノートに走り書きで、

出した日にちと商品名を書いています。

 

売れる商品かどうか

広告単価が低すぎて表示されなくなっていないか

赤字になっていないか

などを最初のうちに判断することを忘れずチェックするためです。

 

書き留めたノートをみて、「あ、こんなん出してたんだ」どうなってるかな?

 

っていうことが、結構あるんですよ。

ヤフーの管理画面からも出した順に並べ替えれば、

最近出したものとかわかりますが、

 

出した日にちが即わかりにくいため、

ノートのほうが出稿期間が一瞬でわかり、即判断できるので。

 

地味ですが、

これをやってから無駄な広告費削減になっていますし、

師匠にも褒められました^^v

 

やりやすい管理の仕方は、それぞれ違うと思いますが、

みつけるヒントになったらうれしいです。

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ