伝えようと思わないと伝わらないデス

サイト作成頑張っていますか?

この仕事で苦労するのは、内容のある記事を書くことですが、
最初から誰も上手に書ける人なんていないんです。

私も、最初の頃に書いた記事をみて、なんじゃこりゃ?
って思うことがあります(苦笑)

 

1つ注意して欲しいことは、

上手く書けるようになれば売れるサイトが出来上がる
という訳でもありません。

「上手に書く」ということだけに集中しすぎると、
売れないサイトが完成しやすいのです。

 

この情報を伝えたい!
という気持ちがあって書く文章なのか、
仕方なく書く文章なのか、

その商品を使ってみて書いている文章なのか、
人気商品だから、一応書いている文章なのか、

気持ちの伝え方1つで文章は不思議な力を作り出します。

 

口で伝えるより、
文章というのは誤解をまねきやすく、
ささいなことの取り違えでケンカになることだってあります。
(何度も経験済みデス)

 

自分が伝えたいと思っているコトと、
別の取り方をされることは意外にあるので、
言葉の使い方は丁寧に考えるようにするとよいでしょう。

雑に書くと、雑に伝わるものです。

 

文章構成が多少バラバラだったとしても、

「自分の言葉」

で書いた、伝えたい思いから、
熱意をキャッチしてもらえ、
読み手の心に届くのだと思います。

 

たまにでいいですから、
実際に自分が買ってみて口コミをするサイトを作ってみてください。

そうすると、
読んでもらいたい人へ書く文字に「自信」が加わります。

「伝えようと思って記事を書く」

この見えないパワーが、
相手のためになる、
伝えたい思いのあるサイトを誕生させることができます。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ