人をほめると良い循環に

人を「ほめる」という行為を意識したことはありますでしょうか?

 

私は、人とかかわるとき、相手の欠点よりも「いいとろ」の発見を楽しんで探しています。

人の悪口を言うと、嫌なところに目が向いてしまい、気が滅入るし良い事は何1つないし、

ほめたほうが、どっちにもメリットがあることを知っているからです。

 

お世辞ではなく、ほめることには、

相手のモチベーションを上げたり、相手に好かれるという効果があるほか、

 

自分の気持ちがポジティブになって楽しい空間になり、相手を好きになれます。

(苦手な相手を好きになることもできます)

 

ほめられた人は、長所を伸ばして行きやすくなると思うので、

この「ほめあい」は成功している人が必ずやっていることでもあるようですよ。

 

子供の教育でも短所をなくさせることより、長所を褒めて伸ばすという

長所の方に力を入れる比率を多くするということと、同じだと思います。

 

褒め方は人さまざまで、

 

本人がいないところでほめるとか、

質問の仕方でほめたりとか、

つぶやきでほめたり、

自分を下げるほめかたを使ったりだとか、

 

いろいろあるでしょう。

 

勘違いしないでいただきたいのは、

「ほめる」とは「おだてて持ち上げる」ことではなくて、

 

あくまでも「あなたのことを認めていますよ」ということを伝えるコミュニケーションで、

自分が心から「いいな」と思える相手の魅力を「素直にほめる」ようにしているだけです。

 

「いいな」と思っているのに「素直にほめられない」ときは、

「嫉妬」や「相手を認めたくない」ときで、そういう自分はキライなんです。

 

素直に認めて、受け入れれば自分自身も成長できるじゃないですか。

 

ほめられて嫌な気分になる人はいませんよね。

ビジネス・プライベート関係なく、小さな事でも積極的にほめてみてください。

 

そうすれば、あなたの周囲で、

 

ビジネスでも、夫婦仲でも、恋人仲でも、友達仲でも、

上手く回ってゆくようになると思います。

 

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ