メンターの重要性

今日は、あまり言いたくない(笑)メンターの重要性についてシェアします。

 

まずメンターとは、

特定の領域において知識、スキル、経験、人脈などが豊富で

「成功体験」を持ち、

実践モデルを指示しながら指導や助言などを行う人のことです。

 

対話していくことで、

気づきとメンターからの助言によって自発的・自律的な成長を促すことが可能です。

 

一言で言えば、

師匠。優れた指導者。助言者。恩師。顧問。信頼のおける相談相手。

というかんじでしょうか。

 

 

1年半くらい前に、あるセミナーに参加するために東京まで行きました。

そう、震災のあった年です。

 

そのセミナーの講師の方にこんな質問を投げかけてみました。

「今、欲しいものは何ですか?」

すると、その講師の方はこう言いました。

 

「欲しいものですか?僕ならメンターですね」

 

と彼は言いました。

そして、そこに参加していた他の講師の方々全員にメンターがいることが判明。

 

出会ったきっかけを聞くのが精いっぱいで、

コンタクトの取り方は教えてもらえませんでした。

(今のメンターを見つけたのは自力ですからね。)

 

1つわかったことは、

良いメンターに出会う機会やタイミングは本当に希少だということ。

 

このとき「くやしい」という感情と「負けない」という2つの感情をもちました。

 

なので、この記事を読んでいる人達には、

「負けない」という感情からのスタートになったらと思って書いています。

 

自分の目標設定がどこまで目指しているのか?

これで必要性がかなり変わってきますが、

 

例えば、

プロの野球選手やフィギュアスケート選手になるために、

日本を代表する選手を育てたメンターに自分の子を指導してもらうために

引っ越しまでして、その環境を用意する親がいます。

 

オリンピックに出場している有名なプロ選手もメンターがいますよね。

 

私の身近な所では、

主人の親友のお姉さんは中学のときに美容室の有名な師匠に弟子入りし、

今では、大阪新地の一角で独立して美容室を経営し大成功しています。

 

生まれながらに「もっている」といわれる天才の方以外は、

こういったメンターの存在があると近道を手にすることができるということです。

 

自分の力で収入を構築したい方でメンターが欲しい方は

私のメンターが数名限定募集していますので、詳細をご覧くださいね。

 

良い出会いになりますように!

http://www.yumeokoshi.jp/produce/at/

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ