ウェブブラウザは複数もちましょう

つい先日ですが、
インターネットエクスプローラー(IE)が脆弱性をつかれて攻撃をうける
というニュースが世界中で騒ぎになっていましたね。

browser
(ブラウザマークの一例です)

 

現在ではすでにマイクロソフト社から修正プログラムが配布されていますので
大丈夫なようです。
(自動アップデートがOFFの方はWindows updateから更新してくださいね)

 

IEというブラウザはたくさんの人や企業が使っていますし、
IEでなければ動かないソフトなども多数あります。

今回のニュースは大変な衝撃となったようですが、
私が普段使っているブラウザはグーグルクロームでしたので、
ほとんど気にすることはありませんでした。

しかし!父が使っていたかもと思い、
あわてて「インターネットエクスプローラー開いたらあかんで!」と電話しました!

 

ブラウザというのは、インターネット上のホームページを見るためのソフトで、
上の画像の5つのマークがその各ブラウザマークにあたります。

画像左から、

Google Chrome(グーグルクローム)
Opera(オペラ)
Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)
Firefox(ファイアーフォックス)
Safari(サファリ)

となり、今回問題となったインターネットエクスプローラーは真ん中の「e」ですね。
名前がようわからん。
という人でも、このマークを見ればわかるかと。

 

これから先も今回と同じような障害がおこらないとは限りませんから、
あらかじめ複数のブラウザを入れておいたほうが安心ですね。
いま、IEしかパソコンに入っていない人は、いくつか入れておきましょう。

入れておくとは、ダウンロードしておくという意味。

 

問題が起こる前に予備のブラウザがなかったら・・・

問題がおこってからでは、危ないとわかっていても一度はIEを使うしかなくなります。
(そもそも他のブラウザもホームページからダウンロードしてくる必要があるため)

 

個人的なおすすめはGoogle Chrome(グーグルクローム)か、
Firefox(ファイヤーフォックス)ですかね~。
Safari(サファリ)はマック用です。

どれも無料なので、余裕をもって準備しておきましょう。

 

大切な事は  ・・・・リスクに備える ! でしょっ!

《 ツールの関連記事 》
集中力をアップさせるツール。
ヤフーで無料のアクセス解析スタート。
リスティングキーワードツール
画像編集の無料ツール
使いやすいキーワードツール発見。
リンク切れサイトについて
SEO対策に良いツール。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ